<< 畠山美由紀 曲コメント 5-6 畠山美由紀 曲コメント 10-12 >>
畠山美由紀 曲コメント 7-9
07.教えて、ママ

作詞/作曲:畠山美由紀  編曲:おおはた雄一

 気仙沼の幼なじみが送ってくれた震災の写真集に載っていた、お母さんが行方不明の女の子の写真がどうしても  忘れられません。子供の頃、事情があって母と暮らせなかった私はサトウハチローさんの「おかあさん」という詩集をよく読みました。いちばん哀しい詩が、結局は自分の心を、いちばん慰めてくれたことを思い出して、書いてしまうのが怖いような、しかしすでに浮かんでしまった歌を思い切って書き留めました。
 昨年、母方の祖父母が相次いで亡くなり、私の母にとっての「ママ」もこの世からいなくなってしまいました。もしかしたら、私は気がつかないうちに母の気持ちを書いたのかもしれない、とレコーディング中にふと思ったりもしました。すべて私たちは母を持ち、いつかその存在を失うのです。いやですね。いくつになったって、それは耐えられない悲しみです。
 レコーディングの時にそんな話をしたわけではないのに、参加してくれたミュージシャンのみなさんは深い愛情でそれぞれ演奏して下さいました。大人になって、こういう仲間と仕事をすることができて幸せだな、としみじみ感じます。


08.Over The Rainbow

作詞:E.Y.Haburg  作曲:Harold Arlen  編曲:島裕介

 震災後五月にポート・オブ・ノーツの小島君と一緒に母校の小学校・中学校や避難所でライブをさせてもらいました。その時に子供達にとても好評だったのが「Over The Rainbow」でした。
なんとも美しいピアノはジェイコブ・コーラーさん。トランペットの島君とベースの高道さんとこれ以上は望めないくらい気に入ったテイクが録れました。
 鎌倉に戻ってきてからしばらくして届いた、気仙沼の子供達からのたくさんの手紙。お礼の言葉やライブの感想に混じってこんなメッセージが。
「どうかお仕事で行く先々で気仙沼の事を、震災の事を忘れないように伝えて下さい」と。


09.浜辺の歌

作詞:林古渓  作曲:成田為三  編曲:笹子重治

 今回のこのアルバム制作にあたって音楽的にも、精神的にも、笹子さんの存在はとても大きなものでした。笹子さんとのデュオで残しておきたい曲はたくさんあります。この「浜辺の歌」もそのうちのひとつ。過去の自分のアルバムでも何度かとりあげている曲ですが、今回考えて来てくださった笹子さんのこのアレンジの美しさにはみな脱帽でした。

by wagakokyo | 2011-11-13 17:03 | 畠山美由紀 曲コメント 7-9
<< 畠山美由紀 曲コメント 5-6 畠山美由紀 曲コメント 10-12 >>